Search
Search Menu

ケータリングとオードブルのサービスを比較してみた

パーティーやイベントにケータリング

今や首都圏では、ケータリング専門のお店がどんどん増えていて、業者間の競争意識が激しくなっているとも言われており、ケータリングのみのサービスを提供するお店もあれば、宅配オードブルデリバリーサービスも兼ねているお店もあります。

そもそもケータリングとはどのようなサービスのことを指しているのか、ご存知でしょうか。ケータリングの定義について辞書で調べたところ、お客様から指定された場所に約束した日時にシェフや料理を配膳するスタッフが出向いて、料理を振る舞うサービスを行うことを言います。

ケータリングや宅配オードブル、デリバリのみのサービスを行うお店も増えてはいますが、その一方でホテルやレストラン事業の一環として、ケータリングサービスを行うお店も増えています。

ケータリングは、パーティーやイベント、忘年会や新年会などビジネスからプライベートまでさまざまなシーンで利用されており、食事を配膳することができる場所であれば、とくにどのような用途でもかまいません。

 

ケータリングサービスでできること

飲食に関するサービスでケータリングとよく似たものにはオードブルがありますが、この2つを比較して決定的違いは、どんなところにあるのでしょうか。

お客様が注文した料理を目的の場所に決められた日時に届けるというところでは、ケータリングとオードブルは共通していますが、ケータリングでは必要に応じてシェフやスタッフをその場に派遣して、作りたての料理を振る舞うことができます。シェフはパーティーやイベント会場では料理を作ることに専念して、会場のセッティングや配膳、後片付けは何人かのスタッフで行います。

オードブルでは注文した料理をお届けした時点で、サービスは完了となります。ですから、サービスの質の高さで比較すると、オードブルよりもケータリングのほうが圧倒的に良いと判断して良いでしょう。