Search
Search Menu

エンジニア不足の実態

日本ではITエンジニア不足が深刻化している

働きにくいと言われるIT業界

IT社会と言われるように、我々の生活のあらゆる場面でコンピュータは欠かせないものになっています。

IT業界は日本においても大きな成長を遂げており、VR(仮想現実)やAI(人工知能)など今後ますます期待されている分野もあります。

このように、IT市場は年々拡大しており、将来性があることは疑いの余地もないでしょう。

にもかかわらず、IT分野で働くプロフェッショナルであるITエンジニアは、近年人材不足に陥っています。ITエンジニアが不足している理由には、いくつかあります。

1つは、IT業界では長時間労働が当たり前になっており、労働環境が良くない会社が多いという点です。IT業界にはブラック企業が多いというイメージもあり、優秀な人材も流出してしまいます。

人材不足が続くことによりこうした傾向にますます拍車がかかることになりから、IT業界にはなかなか人材が集まらないという悪循環に陥っています。

ITエンジニアの待遇が悪い会社もある

IT業界は給料が労働に見合っていないとも言われています。

世界的に見ると、日本のITエンジニアの給料は決して高くはありません。日本ではITエンジニアのほとんどは会社などの組織に所属して働いていますが、海外ではITエンジニアはフリーで独立して働くケースが多く、スキルに見合った報酬を得ることが可能になっています。

日本の場合には同じスキルを持っていても、会社によってITエンジニアの待遇は大きく変わってきます。ITエンジニアになっても待遇の良い会社に入れるとは限りませんので、ITエンジニアを目指す人も少なくなっているのです。

ITエンジニアが不足している理由として、IT業界の規模自体が大きくなりすぎており人材が追いついていないということや、ITエンジニアを育てるための教育環境が整備されていないということも考えられます。

ITエンジニア不足の状況は深刻化しており、企業は人材確保のために様々な方策の検討を迫られています。

%e4%ba%ba%e6%9d%90

 

保存