Search
Search Menu

ITエンジニアとは

IT業界の技術者は専門分野に応じて細分化されている

SEやプログラマ

ITエンジニアは、ITすなわち情報技術に携わる技術者の総称です。

ITエンジニアと呼ばれる職種にはいくつかあります。その1つがシステムエンジニアです。

システムエンジニアは、システムの設計や製造を行う技術者です。

システムエンジニアは仕事の流れを把握した上で必要なシステムを作り上げなければなりませんので、コンピュータに関する知識だけでなく、理解力や幅広い分野の知識が求められる仕事です。

プログラマもITエンジニアの代表的な職種です。プログラマは、システムエンジニアなどが作った設計書をもとにプログラミングを行います。プログラマは、さらにアプリケーションプログラマやWebプログラマなどに分かれます。

ITエンジニアには、ネットワークエンジニアという仕事もあります。ネットワークエンジニアは、システムに欠かせないネットワークの設計・構築・保守などを行う技術者になります

データベースやWebに特化した技術者

システムを動かすためには、ネットワークのほかにデータベースも必要です。

データベースの設計・運用・保守等を専門に行うITエンジニアがデータベースエンジニアになります。データベースエンジニアは、データベースのチューニングやスキーマの設計など、高度に専門的な知識・経験が必要になる仕事も行います。

ITエンジニアには、Webエンジニアという仕事もあります。Webエンジニアは、ポータルサイトやECサイトなどのシステムの設計・運用・保守等を行います。

エンベデッドエンジニアというITエンジニアもいます。エンデベッドとは制御・組み込みのことで、エンベデッドエンジニアは家電製品や工業機器などに組み込まれているコンピュータの設計・開発を行います。

ITエンジニアには、このほかに、テスター・デバッカー、ITアーキテクト、プラットフォームエンジニア、オペレータなどの職種があります。

データベース

保存

保存