Search
Search Menu

ITエンジニアの今後

ITエンジニアの需要は安定して続くか

AI登場でITエンジニアはどうなる?

IT業界は目覚ましい成長を遂げ、ITエンジニアの需要は今後ますます増える見込みです。ビジネスとITは切っても切れない関係になっています。

たとえば、新規事業を立ち上げるときには、システムの構築なども含め、ITがなければ成り立たなくなっています。企業はITエンジニアの力を借りなければ、事業を進められなくなっているのです。

にもかかわらず、ITエンジニアは人材不足が叫ばれており、今後は数十万人のITエンジニアが不足するとも言われています。一方で、AI(人工知能)の発達により、ロボットが人間のかわりに仕事を行うことができるようになった場合、ITエンジニアの仕事も減ってしまうのではないかと言われることもあります。

しかし、AIを使いこなすためには、システムの設計や構築、保守や点検など専門知識を持った人間が必要になりますので、今の仕事内容と変わる部分はあるかもしれませんが、ITエンジニアの需要はなくならないと考えられます。

こうしたことから、ITエンジニアは将来性がある仕事と言えるでしょう。

ITエンジニアの生存戦略

ITエンジニアは将来性があると言っても、ITエンジニアになればそれで安心というわけではありません。ITエンジニアとして生き残るには、必要とされるITエンジニアになることがいちばん重要です。

たとえば、ITエンジニアは特定の分野の専門知識を持っていることが当然の前提となっていますが、今後は他分野との連携がますます欠かせないものになってきます。これからのITエンジニアには、自分の専門分野だけでなく、他分野も含めた幅広い知識が求められることになります。

また、IT人材不足により、企業においても外国人技術者の受け入れが必要になるとも言われています。外国人技術者と業務におけるコミュニケーションを行うためには、日本のITエンジニアも外国語が話せなければなりません。これからのITエンジニアには、英語などの外国語に精通しており、国際的な活躍ができることも求められるでしょう。

english

保存